2018/02/18 23:15

「いちごはそのまま食べるから
極力農薬は使わないんです」
農園主が本当においしいと思う品種を
減農薬で育てたこだわりのいちご



こちらの農園主は、「いちごはそのまま食べるから、極力農薬は使わないんです」というポリシーから、県の基準値の半分以下の減農薬でいちごを育てています。

さらに、一般市場で人気がある品種の方が、市場で販売しやすいのですが、自分が本当においしいと思う品種を作りたいという信念から、現在は「かおり野」と「やよいひめ」という2品種を作っています。

農園主が重視しているのは、香り・甘み・酸味のバランス。そして見栄えです。現在の2つの品種はどちらも甲乙つけがたいおいしさ。自信を持っておすすめします。



かおり野

「かおり野」は、実はしっかりしているのですが食べてみると柔らかく感じます。食べた感覚はふわっさくっという感じ。そして上品な独特の香りを持っています。果肉の色は外側が薄い橙赤で、半分に切ると果肉の色は純白。

酸味があまり無く穏やかなので甘さが広がり、そのさわやかな香りと相まって何ともいえないおいしさです。



やよいひめ

「やよいひめ」の実はある程度しっかりした食感があります。触った感覚も中が詰まっている感じ。しゃきっとした歯ざわりの果肉は、半分に切ると赤みを帯びていて綺麗です。

味は、やさしい酸味もあって、とってもバランスがよいのが特徴です。濃厚な香りがあり、一度食べたら忘れらない、リピーターが多いいちごです。形はかおりのより、先がすっと細い円錐形のものが多いです。
 

こちらの商品は特に大粒で形がよいものを、一粒一粒、スポンジのある容器にセットして、その日のうちに出荷してもらっています。いちごは鮮度が命。産地からの直送にかなうものはありません。

食べるときは、ヘタの方から食べてください。先端の方が甘いので、最後まで甘さを感じながら食べることができます。

--

減農薬いちご 2品種セット
かおり野&やよいひめ
茨城県産 900g
3,200円
https://store.tabitote.com/items/9918425